必見!出会い系で成功する男のファーストメールの書き方

出会い系サイトにはたくさんの女性が男性との出会いを待っています。
しかし、そんな女性たちと出会おうとする男性の数は、女性よりはるかに多いのが現実です。女性に対して何通メールを送っても返事が戻って来ず

「このサイトはサクラばかりだ」

と決めつけてしまいたくなるのが人情ですが、その前に一度、ご自身のメールを見なおしてみてください。
出会い系で女性から返事をもらえる男性は、以下の様なテクニックを使っています。

いきなり自分のアピールポイントを書く

出会い系のほとんどの女性には、読み切れない程の大量のメールが男性から届きます。
そして女性は、その中の1~数通のメールに返事をして残りは放置か削除します。

ほとんどのメールが数を捌くために最初の数行だけしか読んでもらえません。そんな貴重な数行の中に「はじめまして、こんにちは」から始まる平凡な文章が書いてあったら、それ以降の文章にどんなにあなたの熱意がこもっていても女性に読んではもらえません。

そこで、返事をもらえる男性というのはいきなり自分のアピールポイントを書いて目立たせます。
もし一行目に「医者の卵をやっている大学生です」とか「年収700万円の会社員です」、「顔には自信があります」なんて内容が書いてあったら、女性としては以降の文章も読んでみたくなるものです。
文章の冒頭に自分のアピールポイントを書いて、最後に「あいさつが遅れちゃってごめんなさい」なんてフォローしてあげればいいんです。ファーストメールはまず、女性の目に止まる事が第一です。

一通目のメールで会いたい意思を見せない

多くの男性が出会い系を使う時、使用目的は体の関係です。
ピュアな恋愛を求めている方も大勢いるのですが、「出会い系=ヤリ目」という認識が広まっているので女性の方もヤリ目を警戒しながら返事を書く相手を選びます。
だから一通目のメールでは絶対に「会いたい」という気持ちが伝わらないような内容にしてください。

見極める方法は自分の書いたメールを自分で読む事です。
読み返して、書きなおして、あくまでも「僕はあなたと楽しく会話がしたい」と思えるような文章にしてください。これだけで女性からの返信率がグッと上がります。女性はとにかく警戒心が強いんです。

おわりに

ここでは2つのテクニックを取り上げましたが、いずれも共通している事は「女性の立場になって考える」という事です。
結局コツはここなんです。男性からの大量のメールに困っている女性になりきって、そんな女性が「この人だったら話してみたいかも」と思えるような、誠実で目立つファーストメールを送ることが出会い系で成功するコツです。

こういった出会い系のテクニックは「出会い系アプリの体験談」のサイトが凄く詳しく解説されており、私もこのブログを参考に戦略をよく練っています。
まだ女性と出会えてない方はこのサイトのテクニックを参考にされるのもオススメです!

出会い系アプリで女性と会ってきたら、別人のおばさんが来た…

26歳男性です。
佐賀県に住んでいます。
出会い系アプリハッピーメールをよく利用して、女性と出会っています。
だいたい当たりなことが多いのですが、一回だけとても残念な出会いがありました。

俺は、その日仕事が休みで何もすることがなく、暇だったので、出会い系アプリでいつものように遊べる女性を探していました。
そして、同じ佐賀県住みの22歳という女性を見つけ、連絡を取り合いました。
俺は、けっこう容姿を気にするので、いつも写メを交換するのですが、この女性とも交換しました。
写メをみた感じでは、細身で目が大きくてかわいい印象の女性でした。 
しかし、女性はだいたい実物より二割増しくらい可愛くうつっている写メを送ってくる事が多いです。
ですが、写メでこの位可愛かったら大丈夫だろうと思い、遊ぶことにしました。

佐賀駅前で待ち合わせをしました。
女性のほうが早く着いたようで、駅で待っててくれていました。
俺も駅について車の中からその女性を見つけようとしましたが、それらしき人が見当たりませんでした。

駅のどの辺にいる?と連絡したら、駅の外の入り口の所に立っていますとのことでした。

駅の入り口を見ると、写メとはかなり別人のおばさんのような人が立っていました。
写メでは痩せているように見えましたが、実物は、かなりのぽっちゃりした女性でした。
目が大きくてかわいいと思っていましたが、実物は、大きすぎてなんだか怖くてしかも写メでは分かりませんでしたが、あごがないような顔のつくりでした。
そして、年齢は22歳と聞いていましたが、どう見ても30代後半にしか見えませんでした。

しかし、もしかしたらこの女性ではないかもしれないので、もう一度確認の為、連絡をとりました。
今日の服装はどんな服装?と聞くと、黒のトップスに花柄のスカートですとかえってきました。
それは、その駅前に立っていたぽっちゃりしているおばさんの着ている服装でした。

やられたー!と思いました。 
だいたい女性はみんな写メやプリクラのほうが可愛くうつっているけれど、こんなに詐欺られた写メの女性と出会ったのは初めてでした。
いくらなんでもあの写メは詐欺りすぎだと思いました。
まさに奇跡の一枚です。

俺は、この女性とこれから遊ぶという気に全くなれませんでした。
なので、駅前まで車で来ていましたが、その女性には連絡せずに、そのまま家へ帰りました。
女性からは、一時間後位にもう帰ります。と連絡が来ていました。
出会い系アプリにはいろんな女性がいるのだなと勉強になりました。

出会い系使ったらカラオケ行って速攻エッチできたったwww

熊本県に住んでいる24歳の男です。
先日、出会い系アプリのハッピーメールで、一人の女性と出会いました。

出会い系アプリを利用しようと思った理由は、手軽に遊びに誘えるような女友達はいなかったし、手っ取り早く遊べる女性を探したかったからです。

出会い系アプリに投稿して、女性から連絡が来るのを待ちました。
すると、30分位で3人の女性から連絡があったので、その中で、一番可愛いなと思った女性と遊ぼうと思いました。

しかし、その可愛いなと思った女性が、福岡県の女性だったので、自分の住んでいる熊本県から行けないことはないけれど、ちょっと遠かったので、お互いの住んでいる所の中間地点で会えないかと聞いてみると、オーケーと返事をもらえたので、遊ぶことにしました。

お互い電車で待ち合わせ場所まで向かうとのことだったので、中間地点位の久留米駅で待ち合わせしました。

女性は150センチ位の小柄で細身のお姉ギャルっぽい感じでした。
女性は、お尻が見えんじゃないかという位短いショートパンツを履いていました。
俺は、どちらかというとチャラい感じのキャラなので、通りすがりの人にはカップルに見えていたと思います。

そして、中間地点で待ち合わせをしたのはいいものの、お互い地元じゃないので、どこに何があるか分かりませんでした。
なので駅近くのカラオケへ行きました。

カラオケでご飯も注文して、食べながら歌いました。 
女性は、小柄で細身のわりには大食いで俺の2倍くらい食べていました。

俺は、EXILEとかを歌いました。
女性には、見た目はオリラジっぽいけど、歌声はEXILEっぽいと誉められ?ました。
女性は、西野カナとかを歌っていました。
高音がとてもきれいな歌声でした。
声がきれいだねと誉めると、知ってるよ!と言われました。

そして俺は、女性の隣に座り、ちょっと休憩と言って女性にキスをしました。
女性は抵抗せず、舌を入れてきたので、これはイケると思いました。
そして、その女性とエッチすることに成功しました。
女性は、かなり経験があったのか、慣れた様子でした。
俺的には、もっと初々しい感じが良かったですが、テクニックがあって気持ちよかったので、そしてエッチすることができたのでよしとします。
その後も、何回かこの女性をエッチしたくて遊びに誘ってみたのですが、距離が遠いこともあり、その後は遊びの誘いを断られ続け、結局その女性とエッチできたのは、その1回だけでした。

ワクワクメールのアプリで出会った子と居酒屋に行ってきた体験談

東京都 26歳

ワクワクメールというアプリで、自分よりひとつ年上の女性と知り合いました。
まずプロフィールを見た時、写真がすごくきれいで好みだったので、すぐにアプローチしました。

2日ほどリアクションがなく、これはダメかなと思っていましたが3日目に相手から連絡が返ってきてやりとりがスタート。

相手はイメージとは少し違い、気さくな感じだったのですがメッセージのやりとりがテンポよく進み、1週間ほどアプリでやりとりをしていましたがこちらから連絡先の交換を提案したところ快諾してくれ、LINEでやりとりするようになりました。
1カ月ほど経ち、毎日LINEのやりとりをしていたのですが実際に会ってみたかったので食事に誘ってみると、好感触。

相手の住んでいるところの近くということで、新宿で会うことになりましたが、僕が新宿のお店をあまり知らなかったので、魚が食べたいとリクエストしたらとても感じの良いお店(名前は失念)をセッティングしてくれました。

いよいよ会う日になり、待ち合わせ場所に行ったら、アプリの写真で見た通りのきれいな方が。
嬉しくてその日は飲み過ぎてしまいました。

予約してくれた居酒屋さんも料理は美味しいし、カウンターでいい距離感。魚が食べたいという僕のリクエストをしっかり汲んでくれ、選んだ魚をその日オススメの調理法で、というお店。センスいいなと思いました。
あったその日は嬉しくてテンションが上がり、気づいたら終電をのがしていたのですが、相手は全く酔っておらず(お酒が強い人だった)、始発まで付き合いますよとはしご酒に付き合ってくれました。
あわよくば家にいけるかも!と思っていたのですが、そんな雰囲気にはならず、でも楽しく朝まで飲みに付き合ってくれました。

翌朝始発で帰りひと眠りした後、すぐにお礼と次のデートに誘ってみるとまた快諾してくれ、二回目のデートは新宿御苑を散歩して、お酒は飲まなかったのですが楽しい時間を過ごせました。
もちろん3回、4回とデートを重ねたのですが、スキを見せない彼女に告白できぬまま2カ月ほど経ってしまいました。

デートは毎回楽しいし、僕はぜひ付き合いたいと思っているのに、彼女は僕のことを友達としか見ていないと言っていました。
非常に残念ですが、無理に告白して関係が壊れるのも嫌なので友達として時々飲みに行く関係を続けています。
いつかチャンスが来るといいなとずっと思っていますが今のところはそんな雰囲気にならないのがもどかしいです。

イクヨクルヨのアプリでアラサーが女の子と会ってきた結果…

東京都に在住している35歳です。

イクヨクルヨはシンプル機能が気に入っているので、よく利用しています。運営がしっかりしているのも好印象です。
特にサポートが24時間対応なのはポイント高いですね。お勧め出来る点です。

それでいて料金が他の大手出会い系サイトと比べて高いわけではなく、どちらかといえばむしろ安い部類に入りますので、イクヨクルヨはかなり良心的運営だと思います。

ただ、いくら運営が良心的でも、いい女の子と出会えなければ意味が無いわけですが、その点でも全国に500万人から会員のいるイクヨクルヨなら遊ぶ相手に不足はありません。

私が狙いをつけたのは、山陰地方から音楽の勉強のために東京に出て来た二十歳の女子大生でした。
この子は初なのかブスなのか可愛いのか、とにかくプロフだけでは判断の付きかねる子でしたが、あるとき水着の写真に切り替わったことがあり、それで見る限り顔はイマイチでしたが、ビキニからのぞくバストが大きいのと白い肌が透けるようにキレイであったことに目は釘付けになりました。

それにスタイルもまずまずでした。ぜひ生で抱いてみたいと思いましたね。
幸いなことに、顔がさほど可愛いわけではなく、チョットおばさんぽかったためか、ライバルはあまり現れず、何度かのメールでその子の通う大学の寮の住所をゲットできました。

ここまで来ればもうサクラじゃないぞと思いましたので、その子が欲しいというあるアーチストのカレンダーを送ってあげました。
すると凄く喜んでくれ、その年のクリスマスは一緒にお祝いすることで話が付きました。

こう書くととんとん拍子のように思われそうですが、ここまで来るのに1ヶ月くらいかかりました。
とにかく相手は学生なので、アルバイト先での嫌なこと、大学の実習で落ち込んだことなど、気ままに書いてきますが、きちんと対応してあげたことが信用に繋がり、カレンダーみたいないくらもしないものでもプレゼントして上げると、想像以上に喜んでくれて、それからはぐっと親密になりましたね。

クリスマスが本当に待ち遠しかったです。
普段は寮に門限があるといっていましたが、冬休みで帰省に絡めれば時間が関係なくなるという読みもありましたので、クリスマスに落ち合う設定はわれながら上手かったかなと思いました。

待ちに待ったクリスマス。池袋の東武百貨店前で待ち合わせました。
だいたい写真通りの女の子でした。歩道を歩きながらも服の上から思わずバストを想像してました。

やはり若い子の肌はキレイでいいですね。
それだけで十分でした。

サンシャイン60から新宿の夜景を見ている間、女の子の方から寄りかかって来ましたので、問題はないなと判断しました。

相手は若い子なので、実際に会って嫌がれば解放してあげる気でいました。だが杞憂でした。
ホテルに入るなりむしろ女の子の方が積極的でした。芸術系の子は情熱的だと聞いたことがありましたが、外見の地味な感じからは想像も付かない激しさでした。

帰省当日となる翌朝まで5回愛し合いました。
今もキープしています。
思わぬ名器にうっとりです^^